TOP > 美容整形 > 豊胸

豊胸について

もし、自分の中で豊胸を受けようという気持ちがあるのであれば、病院探しはマストになってきます。いろんな病院があるかと思いますが、その中でも手術の症例が多い病院を選ぶ人もいます。

症例が多いと医師のスキルもある程度は、確率している事もあり、安心して任せられそうな感じがします。

また、病院としての症例数も大事ですが、それぞれの医師の症例数にも注目したいですね。豊胸手術件数が多い医師はいろんなケースに対応できるという事を期待できる場合もあるでしょう。

一つの医院の中で、いろんな整形手術を行っている病院もありますが、その中でも特に豊胸に力を入れている病院というのは、信頼できそうですね。

豊胸に効果的なナイトブラとは

豊胸したい人に人気のある下着にナイトブラという製品があります。これは就寝時に身につけるブラジャーで、ワイヤーなどが入っていない物が多く、就寝の邪魔にならない作りになっています。

就寝時に上を向いていれば、胸の脂肪分はわきに流れてしまいます。横を向いて寝ても、同様に他の部位に流れてしまいます。

通常の生活の中でのブラジャーは胸が下に垂れない様に支えますが、このナイトブラは寝ているときの胸の支えになるのです。人間にとって寝ている時間が一日に占める割合は多く、その間に胸を支え形を整える事で豊胸効果を生み出すのです。

脂肪注入法による豊胸手術がおすすめ

脂肪注入豊胸による美容整形手術はとても人気があります。この施術では、お腹やお尻周りの余っている脂肪を吸引し、バストアップのために再利用する施術方法となっています。

従来の豊胸術は、注入した脂肪は時間が経過すると、体内に吸収されていましたが、現在では注入した脂肪は半永久的に吸引されなくなっているので、1度施術を受ければ、ずっと綺麗な胸をキープすることができます。メスを使用せずに豊胸手術をしていきますので、ダウンタイムが圧倒的に短くなっていますし、すぐに普段の生活に戻ることができますので、とても人気のある施術方法となっています。

豊胸のリスクとしての石灰化について

基本的に豊胸手術は美容外科などで行われる美容整形の一種になります。バストサイズに悩む女性にとっては非常に心強い物になりますが、豊胸にはそれなりのリスクが生じます。

そのリスクの中でも最も症例が多いのが石灰化で、失敗例の大半を占めています。 石灰化とは、豊胸の為に注入した脂肪が上手く定着しなかった時に起こります。

これは十分な栄養が行き渡らなかった事が最大の原因になっていて、脂肪細胞が壊死してしまいその周りにカルシウムが塊を作ったものになります。 この場合の対処法は切開手術によっての摘出になりますので、リスクはやや高くなります。

豊胸しないと駄目な人は美容外科へ

何らかの仕事で、胸を大きくしないと仕事を受けられない場合もあります。特に見られる仕事の場合、要求されてしまう人もいるはずです。そこで女性の場合は、美容外科を利用して大きくしていくことになります。自分が仕事のために行っていく場合でも、結果的にサイズをアップさせていいイメージを持たせるためには、豊胸していくしかありません。

実際に利用していく場合には、ローンなどで契約していくことが多くなって、美容外科へ支払う金額をある程度制限しています。そして仕事をしながら払っていくことで、最初に支払っている金額を払い終わるのです。

美容外科の豊胸手術を受けた後に気をつけること

美容外科で豊胸手術を行った後は、手術方法によって気をつけることが違います。シリコンバッグを挿入した術式の場合、シリコンバッグを挿入した位置にもよりますが、脇の下から挿入したのであれば、術後に皮膚の突っ張りを感じることもあるでしょう。

また、術後は特にシリコンという異物を挿入しているので、体に馴染むまで数週間はかかります。抜糸までは、バストバンドを使ってしっかりと固定する必要があります。それに、ワイヤーの入ったブラジャーの使用は避けましょう。柔らかいスポーツ用のブラジャーを使うようにするのが最適です。

豊胸手術で人気の施術方法は

豊胸手術は様々な施術方法がある美容整形手術となっており、シリコンバック注入法と脂肪注入法が人気となっています。シリコンバック注入法は、メスを使って胸を切開し、シリコンを入れていきますので、ダウンタイムが長くなります。

傷跡が目立こともありますが、シリコンの素材を自由に選べるので、大きさや柔らかさを自分の好みの物にすることが可能です。脂肪注入法は、自分の脂肪を使用しますので、メスを使わなくても施術できますし、ダウンタイムがとても短いです。脂肪が少ない方には施術ができませんし、大きさも自由に選択することができません。

豊胸関連